満足いくフェイスラインにするためにあご削りを美容外科で行おう

サイトマップ

満足いくフェイスラインにするためにあご削りを美容外科で行おう

あごの悩みにはあご削りをおすすめします

笑顔の口元

太っているのが悩みであればダイエットをするという方法があります。しかし骨格はそうはいきません。痩せても骨は変わらないからです。しかし例えばあごが出ていることで悩んでいたとしたら、方法が全くないわけでもありません。それは美容外科であご削りをおこなうことです。
クリニックによって様々な術式がありますが、一般的には口腔内から切開し削骨しますので、術後に痕が残る心配はありません。
そして切開後の術式は状態によっても異なります。
あごがしゃくれている場合は、医療用の電動器具でしゃくれている部分を削骨します。
一方であごが下にのびて長くなっている場合は、骨を切って長さを短くします。
また、あごの先端の幅が長い場合はV字に骨切りをすることで、あごの先端を細くします。
手術時間は術式によっても異なりますが、長くても約2時間ですので入院は必要ありません。全身麻酔が必要ですので、経験豊富な専門医による麻酔をうけられるクリニックを選びましょう。
また術後は通院による定期検診をおこないますので、経過のケアにも心配はいりません。
一言にあご削りと言っても、あごの状態は人それぞれです。事前にあご削りのメリット、注意点を知った上で綿密なカウンセリングをうけましょう。

TOP